桂剥き(かつらむき)

阿吽の「妻(ツマ)」はものすごく細くて繊細です。

鬆(ス) の入っていない大根を選び抜き、 機械は一切使わずに桂剥きして、限界まで細く刻んで妻にしています。

御造里にかかせないのが妻です。妻はただの飾りではなく、魚だけでは口が油臭くなるので、妻を食べて口をリセットするという役割があります。

その役割から、主役を裏で支えるという意味で「妻」の漢字が使われています。

桂剥きの語源は、薄く切った大根が、桂川に流される洗濯物に見えるとこから来ているそうです。

阿吽の御造里の「妻」
その自慢の「繊細さ」を目で見ていただき、口に入れたときの食感もお楽しみください。


割烹 阿吽(あうん)[店舗情報]
落ち着いた完全個室で本格的な会席料理。御祝い・法事・接待に。
東京都府中市宮町2-22-18
042-306-5003