1. HOME
  2. ブログ
  3. 八寸(はっすん)

八寸(はっすん)

八寸(はっすん)とは、茶懐石料理の言葉で、八寸(約24cm)四方の杉のへぎ木地の角盆に盛り付けられた料理のことをいいます。会席料理では、「前菜」や「口取り」の献立にあたります。

茶懐石料理、つまりお茶会における八寸は、亭主とお客が盃をかわす場面で出される料理となります。八寸四方の杉の盆を使い、酒の肴として海の物と山の物を合わせて出す事が決まりとなっています。
右向こうに海の物、左手前に山の物を盛り付けるのが基本です。

会席料理における八寸は、前菜や口取りといった献立名となり、旬の食材を使った色とりどりの料理を、酒の肴となるように様に少しずつ盛り付けた、季節を感じる料理となっています。

茶懐石料理では、八寸を出すタイミング少し呼び名が変わります。
先付けの後で出すものを前八寸、献立の中間で出す中八寸、焼き物の代わりに出す焼き八寸などがあります。

会席料理においては、出すタイミングにより前菜や口取りとなります。

阿吽でご提供するのは会席料理です。阿吽における「前菜」「口取り」は、その時期の旬の食材を使い、すべて手作りにこだわり、色鮮やかに盛り付けて、見た目、味、食感、香りの全てでお楽しみいただける料理となっております。

自慢の「前菜」「口取り」を、ぜひコース料理でお楽しみください。


割烹 阿吽(あうん)[店舗情報]
落ち着いた完全個室で本格的な会席料理。御祝い・法事・接待に。
東京都府中市宮町2-22-18
042-306-5003