1. HOME
  2. ブログ
  3. 出汁巻玉子(だしまきたまご)

出汁巻玉子(だしまきたまご)

「出汁巻玉子」は、関東と関西で全く違うモノであることをご存知でしょうか?

関東では、お砂糖を使って甘い味付けになっているのが出汁巻玉子です。玉子焼きとも呼ばれます。ちょっと固めのしっかりとした仕上がりです。

関西では、「出汁を食べる」というくらい、砂糖は使わずにふんだんに出汁を使って作ります。出汁をたっぷり含んだフワフワな仕上がりです。卵と同量の出汁を使うため、キレイに巻くには技術が必要です。

巻き方にも関東と関西で違いがあります。

「関東巻き」は奥から手前に向かって巻いていく、オーソドックスな巻き方です。

「関西巻き」(京巻き)は、手前から奥に向かって巻いていきます。こちらの方が隙間が生まれにくく、より詰まった出汁巻きを作ることができます。
ちなみに、板場小僧はこの京巻きで巻いています。

さらに「巻かない出汁巻き」と呼ばれる作り方もあります。鍋に出汁、醬油、みりんを沸かした状態に卵を落としいれて、固まり始めたら救い上げて、さらしの上に載せて、さらに巻きすで棒状に固まるまで置いておきます。
こうすることで、巻かなくてもキレイな出汁巻き玉子が作れます。

シンプルですが奥の深い出汁巻玉子。
阿吽では、
・昔の玉子焼き (関東の出汁巻玉子)
・鰻巻玉子(鰻を玉子焼きで巻いたもの)※写真
・出汁巻玉子(関西の出汁巻き玉子)
の3種類をご用意しております。
ぜひ一度、ご賞味ください。


割烹 阿吽(あうん)[店舗情報]
落ち着いた完全個室で本格的な会席料理。御祝い・法事・接待に。
東京都府中市宮町2-22-18
042-306-5003